Translate

2024年1月3日水曜日

2024年の始まりにあたって

あけましておめでとうございます。
新しい年の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

令和能登半島大地震の被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
以前FANTANIMA!に出品された、とくいあやさんと本多厚二さんは金沢市郊外の海の近くにお住まいですが、地震のあとすぐに連絡をとり無事を確認いたしました。

不思議可愛い作品を楽しむだけのFANTANIMA!ですが、10年あまりのあいだに世界情勢に巻き込まれるようになってしまいました。

ウクライナの作家の安否はいつも気になりますが、そのなかでもロシアによるレハンスクへの侵攻後レムール・ロリさんと連絡がとれなくなり、 誰もが心配していました。

それが昨年のクリスマス・イブの日、インスタグラムに彼女の投稿が現れました!
だれもが驚き嬉しかったのですが、その画像に息を飲まずにおれませんでした。

一年以上の沈黙の後、汚れて爪の伸びた手が結ぶハートのサイン…

不安定なネット環境でたくさんの人が彼女と連絡をとったと思います。私も彼女自身の安否とこの手のことを知りたくて、ダメ元で連絡をとったところ返事がきたのです。クリスマスの奇跡のようでした。

これは山羊の手だそうです。

具合の悪いお母さんを置いて移動することはできないので、今も同じ家にとどまっているそうです。創作をしていないとおかしくなりそうなので、ありあわせの材料を工夫しながら制作を続けているそうです。
この山羊の手はペーパーマッシュで制作。彩色のための油絵の具を得るのは困難なので、中世の画家のように自分で顔料を挽いて油を混ぜて絵の具を作っているそうです。今までいろいろな制作をしていたので技法の蓄積があるので、なんとかやっていけるとのことです。

彼女のことやこの作品について、日本の人たちに知らせたいと伝えたら、「喜んで」とのことでした。
ただ、FANTANIMA!に対してウクライナの作家たちは昨年の「imagine」のテーマでロシアの作家と展示されるのは受け入れられないと拒否を表明した経緯があります。それがウクライナの作家の自然な感情であることは理解できます。ですから、彼女も同様に感じるのではないかという私の危惧を伝えました。

するとインターネットが1年以上ぶりにつながったばかりの彼女は、既にこの話を友人の作家から聞いていて「とても悲しいことだ」とコメントしました。

「創作に関わる人間はもっと寛容でなければなりません。私たちは作品を通して愛や受容という人間に備わった事実だけについて語るべきです。残念ながら多くの作家たちが見栄えの良い仮面ばかり気にするようになってしまったのは悲しいこと。自分が今できることは、このクレイジーな世界で自制心を保つ人間で連帯すること。悲しまないで。わたしたちは耐えなければ。」
不当に自由を奪われている彼女を励ますつもりが、私が励まされてしまいました。彼女の強さも奇跡だと思いました。

長いあいだ沈黙を保っていたタチアナ・スリズさんにこのことを伝えたら、彼女も同感だとのこと。
今は戦時下で抗がん剤の治療中だから約束はできないけど、今は戦争から頭を切り離して作品を作っていて、それができればFANTANIMA!に送りたいと言ってくれました。平和のために一緒に力を合わせましょう!と書いてくれました。

レムール・ロリさんは作品を送ることはできませんが、画像を送り、言葉を交わすことができるようになりました。
その状態がいつまで続くかわかりません。新しい年も、日本でも大変なことが続いています。

でも日本は「平和の居場所」でありつづけています。
この場所を作家たちが安心して帰ってこられるようなhomeとして、守っていければと思っています。

今年のFANTANIMA!のテーマはhome。どうぞよろしくお願いいたします。






2023年5月8日月曜日

FANTANIMA!2023 リスト更新について(5/22更新)

FANTANIMA!東京展ご来場、通信販売ご利用の皆様
誠にありがとうございました。

5月25日より関西展がはじまります。

関西展でも、東京展からの巡回作品については、東京展でご利用いただいたリストで在庫状況がご確認いただけます。同じ作家でも、関西展のみでご紹介する作品については関西展の通信販売サイトでご確認をお願いいたします(レマンス、ソロドヴァ、ロマノヴァ、プラシュコヴィッチなどの新規入荷作品)。

※東京展のリストについては東京展での通信販売ご利用のお客様への発送状況にともない、まだ若干のリスト更新が続いております。 関西展開催までには完了します。ご了解をお願いいたします。

なお東京展会期中にはリスト更新に関し、手作業による遅れやミスがありましたことを深くお詫び申し上げます。

【価格改訂の作家】
昨年からの円安の為替レートの影響を受け、本年は各作家の価格が高めになってしまっています。東京展の結果とその状況を考慮し、4人の作家の方から価格調整の申し出がありました。

Alena Kh(アリョーナK)
Fox-in-boX(イウニナ)
Jevgeni Bulahtin (ブラーティン)
KiraBarsDolls(キラバース)

価格リスト緑字になっているのが改訂した価格です。少しお求めやすいようにと作家からの申し出に基づいた価格となっております。
この4人に限らず、出品作品が多くの方に迎えていただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

2023年4月25日火曜日

2023年開催のごあいさつ

FANTANIMA!2023 東京展が始まります。
会場に掲示する今年のご挨拶です。



FANTANIMA!を楽しみにして下さるみなさま、
いつもありがとうございます。

今年のファンタニマは、すこし静かに見えると思います。
今年はFANTANIMA!を愛してくれた何人かの作家の参加がありません。

その人たちを抜きにしてお祭りのように楽しむ気持ちが
なかなか湧いてこないというのが正直な気持ちです。

今年のテーマはイマジンです。

想像するという、素晴らしい言葉。

人には想像する力があるから、素敵な世界を作り出すことができる。
この会場に集まった作品をご覧いただければわかるでしょう?

今年は、ここにいない遠い空の下の作家の気持ちを想像しながら
この展覧会を準備しました。
ここに参加するために悩んだ作家の気持ちも、想像しました。
その作家たちのことを心配するひとびとの気持ちも、想像しました。

イマジン。
想像しあうこと。

またみんなで「楽しかった!」と言いあえる日がくることを想像します。

きみのことを想ってる
ここにいる仲間たちといっしょに。

imagine,
FANTANIMA!

羽関チエコ(FANTANIMA!主催)

2023年4月23日日曜日

東京展(2023) 通販の受付について

 公式サイトのインフォメーションページ「東京展 店頭以外でのご注文について」にご案内を詳しく記載しています。

 記載内容

・注文時のご注意やルール

・ リンク「作品価格・在庫リスト」「ご注文受付フォーム」

・「ご注文受付フォーム」 の画面と設問

・Q&A

※ご注文はインターネットも電話も受信時間を記録し、両方あわせた先着順でご希望を伺います。電話の方は通販受付開始直後は一度電話をお受けした後、着電時間順に折り返しのご案内となります。

2023年4月21日金曜日

2023年 プライスリストと会場配置

 FANATNIMA!2023

東京展のプライスリストを公開しました。

公式サイトのトップページからもリンクしています。


 こちらのリストでは、売約品は価格欄がSOLDと表示されます。
可能な限り随時更新しますがリアルタイムではないため、最新情報をお知りになりたい場合は丸善丸の内本店ギャラリーにお尋ねください。

 東京展会場での展示ゾーンも表示しています。リストにも貼ってありますので、ご参考になさってください。

※日本の作家作品については、東京展のリストになります。

2023年3月31日金曜日

WSのご案内 かわいいクリオネ(講師 K's BEAR by.keiko)

 FANTANIMA!ワークショップ
「Angel Clio-ne」


手の平サイズの可愛いクリオネちっくな天使ちゃん❤︎
ブローチやチャームに仕上げて、一緒にお出かけしてね♪
約8cm。
半完成キットをご用意しますので、初めての方でも大丈夫です。

講師 K's BEAR by.keiko

開催日 4月29日(土) 13:00-16:00

場所 FANTANIMA!会場内(丸善丸の内本店ギャラリー)

参加費 6600円(税込・材料費込)
※当日ギャラリーで受付時にお支払いください。

ご準備いただくもの 特にありません。手ぶらで大丈夫♪

定員 6名様(先着順) 満席

*ブローチタイプ or チャームタイプをご予約時にお選び下さい

お申込方法 4月2日(日)午前9時からメールで受付いたします。

メールアドレス fantanima@nonc.jp  
(FANTANIMA!主催者のアドレスです。)

件名「WS希望」とお書きのうえ

①「お名前(本名)」
②「連絡のつく電話番号」
ブローチorチャームのご希望」

をお知らせください。折り返し、確認のメールをお送りします。
※gmail, ezweb, docomoの方は上記アドレスからの返信がスパムフォルダに入ることがよくあります。受信できるように設定をお願いいたします。

 キャンセルの場合はなるべく早く、同じアドレス(主催者)までメール、電話でお知らせください。


 

2023年3月25日土曜日

東京展 店頭以外でのご注文について

以下、公式ウェブサイトと同内容になります。


4月28日(金)正午より
注文、お問い合わせを受け付けます。 
受付終了:5月2日(火)正午


ご注文前にお願いがあります。少ない人数での運営ですので、皆様への回答を円滑に進めるために、ご一読ください。ご協力をお願いいたします。

①事前に価格をご確認ください。ご案内は公式ウェブサイト インフォーメーションページ「東京展 店頭以外でのご注文」をご覧下さい。(後日掲載予定)

②事前に在庫状況をご確認ください。(後日掲載予定)
価格は、公式ウェブサイトの各作家ページに掲載します。(後日掲載予定)

③ご注文の方法、ルールをご了解ください。
(ご注文画面にも同内容が記載されています。)


・ご注文の際、「作品番号」「作家名」「作品名」わからなければ特徴などをお知らせください。

・「ご注文確定」の方の分は在庫を確保し、丸善丸の内本店ギャラリー、または羽関オフィスから電話またはメールでご連絡いたします。


【ご注意】


・28日のご注文はたいへん混み合うことが予想されます。即日のお返事ができず、電話のお返事に翌日中かかる場合がございます。予めご了承くださいませ。
・「ご検討中」のお問い合わせには「店頭販売」「ご注文確定」の方を優先させていただきます。予めご了承くださいませ。
・ご記入はご本人・ご本名でお願いいたします。

・ご注文は代引き発送でのみの承りとなります。

・転売目的でのご注文はお断りいたします。
ギャラリー、主催者からの連絡が受け取れるように、留守電チェック・スパムメールのチェックをお願いいたします。(特に主催者からのメールがスパムメールに入ることが多々あるようです。)
・同じ作品に関するお問い合わせ・注文は1回のご連絡でお願いします。
フォームでの連絡についてお電話でご確認いただく場合は、必ず「フォームでも問い合わせている」旨をお伝えください。フォームで正常に入力ができていれば必ずメールで返信が届きます。返信がない場合は改めて、お手数ですがフォーム、電話でお知らせください。

※同じお知らせを公式ウェブサイトでも掲載いたします。